只今メンテナンス中です。

米・南部を襲った大型ハリケーン。人ごとではない自然災害の恐ろしさ

ハリケーン「ハービー」の被害

8月後半、アメリカ南部のテキサス州、ルイジアナ州などを襲った大型ハリケーン「ハービー」。

洪水などで多くの人が死亡し、3万人を超える人々が避難生活を強いられている。

ハリケーンが去った今、復旧・復興活動や人々の生活の立て直しが始まったが、2005年のハリケーン「カトリーナ」の被害を上回る長い期間と膨大な資金を要すると予想されている。

 

災害の多い日本にとっても他人事ではない。

絶望するしかない被害状況と、避難活動・人々の助け合う姿をご紹介したい。

 

大雨・強風の被害


転載元:abcnews.go.com

 


転載元:www.nytimes.com

 


転載元:www.nytimes.com

 

今にも水が溢れそうな堤防。

駐車場の車も天井まで浸かって、近づくのも危険な状態に。

 

まずは人々の安全確保


転載元:www.nytimes.com

 


転載元:www.nytimes.com

 

警察や消防、軍が、ボートやヘリコプターなどで救助に出動。

アメリカの広大な土地では、避難だけでも一大事である。

 

次のページでは、自力で避難する人々が。

次のページへ!

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

オススメ人気記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

ページ上部へ戻る