只今メンテナンス中です。

歩きスマホで重傷を負う怪我!!危険な行為であることを再認識しよう

スマートフォンは便利だが…

日常生活に欠かせないアイテム「スマートフォン(スマホ)」進化した携帯電話は電話やメール以外の機能も充実している。インターネットサーフィンやアプリ、ゲームなど様々な事をスマートフォンで行うことができる。

 

もちろん、メールや電話などコミュニケーションツールはもちろん備わっており、友達や会社の人へ連絡を手軽に取れる為、必要以上に気にしたり、手にとって見てしまうことが増えている。みなさんも身に覚えがあると思う。しかし、「〜しながら」の操作は非常に危険であることを改めて認識してもらいたい。

 

歩きスマホの危険性

昨今、危険視されているのは歩きながらのスマホをイジる行為だ。前方不注意というとても危険な行為による事故はあとを立たない。最近では海外メディアで大きく取り上げられた動画がある。

 

67歳の女性が地下倉庫へ転落し大怪我をするというものだ。実際に見てもらった方がその危険性がわかるだろう。

 



転載元:YouTube

 



転載元:via GIPHY

 

歩きスマホの統計

歩きスマホがどれだけ危険か、東京消防庁が統計を出しており、以下の表は歩きスマホによる救急搬送が行われたグラフだ。

 


転載元:東京消防庁

 

平成28年(2016年)で年間50人の緊急搬送が行われている。緊急搬送で50人なので軽度な事故等はさらに多いことが容易に想像でき、どれだけの人が危ない目に合ってきたのかよくわかる結果と言えるだろう。実際に、緊急搬送された年代も発表されており、どの年代が歩きスマホをしているのか分かる。

 


転載元:東京消防庁

 

表を見てもらうと分かる通り、20台の若者を超え、40台の事故が多いことがわかる。街中を歩いている若者も危険だが、40台の方が一番危ないということが数値として見て取れる。もちろん、20台の若者は反射がよくとっさにかわす、気がつくなどもあるだろう。

 

どんな事故が多いか?

歩きスマホの中で、どのような事故が多いのか分かるだろうか?街中を歩くと人にぶつかる、物にぶつかる、信号を無視するなど考えればその危険性の高さは想像がつく。では、実際にどんな事故が多いのか見てみよう。

 


転載元:東京消防庁

 

「ぶつかる」という事故が約5割

「ころぶ」人は3割

「落ちる」人は2割

 

前述で紹介した地下倉庫に落ちた人がまさにそうだろう、落ちるということは深さにもよるが命に関わる危険な事故だ。

 

ぶつかる」と記載されているが、人、物、自動車、自転車などを含めるとその危険度が分かる。そして、その割合が一番多いという事実がいつ誰でも大事故に巻き込まれる可能性があるということだ。自分が歩きスマホをしていなくても、ぶつけられる側になる可能性があるからだ。

 

歩きスマホで何してた?

実際に事故を起こした人はスマホで何をしていたのか?電話やLINEなど、みなさんがパッと思いついた内容はきっと自分に当てはまるのではないだろうか?実際の統計を見てみよう。

 



転載元:東京消防庁

 

大半の人は「操作」つまり、画面で何か作業をしていて周りに気がつかなかったということだ。時点で「画面を見る」作業はしていないが画面を眺めていて事故を起こしたことになる。動画でも見ていたのだろうか?

 

実際に事故を起こした人の証言をいくつか見てみよう。

・携帯電話を使用しながら歩行中、柱にぶつかり右目を受傷した。

・携帯電話を注視しながら歩行中、道路標識にぶつかり前額部を受傷した。

・歩きながらスマートフォンを操作していたところ、下り階段に気が付かず踏み外し、5段ほど下に転倒し足部を受傷した。

・通学先からの帰宅途中、駅ホーム上においてスマートフォンを見ながら歩行中、誤ってホーム上から線路に転落し腰部を受傷した。

・自転車を運転しながらスマートフォンのアプリで遊んでいたところ、転倒して顔面を受傷した。

引用元:東京消防庁

 

歩きスマホの再認知

歩きスマホの危険性を十分にわかっていただけただろうか?日本国内外問わず、スマートフォンによる事故は増え続けている。起こさないことはもちろん、歩きスマホをしている人にはこちらも注意しなくてはいけない。面倒なことに巻き込まれる可能性もゼロではない…起こってからではもう遅いのだ。

 



転載元:via GIPHY

この記事を気に入ったら
いいね!してね

オススメ人気記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

ページ上部へ戻る