只今メンテナンス中です。

目が合うとちょっと嬉しい、巷に溢れる「顔」たち

意外なところに潜むパレイドリア

普段見慣れている身近な物たち、例えば雲の形、壁のシミ、木目などが人の顔のように見えるということはないだろうか?

このような心理現象を「パレイドリア」と呼ぶそうだが、意外な物に「顔」を見てしまうとなぜか愛着が湧いてくるのが不思議である。

そのような身の回りの「顔」を集めてみた!

 

ピーマンの「叫び」


ピーマンを縦にカットしたら、そこには「顔」が!

困り顔で「お願い、食べないでくれ〜!」と懇願しているよう。

ピーマンの種が歯に見えるのも可愛らしい!

 

古紙回収から脱走中!


雑に放り込まれた厚紙たち。

「顔」だけでなく、上部の波打つ厚紙はパーマをかけた髪のよう!?

片腕をかけて、脱走しようとゴミ箱を乗り越えようとしているようにしか見えない!

 

次のページには、思わず笑ってしまう「顔」たちが登場!

続きは次のページへ!

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

  • 2018-6-3
  • 目が合うとちょっと嬉しい、巷に溢れる「顔」たち はコメントを受け付けていません。

オススメ人気記事

コメントは利用できません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

ページ上部へ戻る