絶対いじりましたよね!!人気芸能人の今と昔の顔を比較してみた!絶対いじりましたよね!!人気芸能人の今と昔の顔を比較してみた!(72515views)
この絵を可愛くしてくれない?色々な人が一生懸命になるのだが….この絵を可愛くしてくれない?色々な人が一生懸命になるのだが....(18419views)
お前○○出身だろ!出身がバレるツイートお前○○出身だろ!出身がバレるツイート(15296views)
残酷すぎる!公開処刑された芸能人残酷すぎる!公開処刑された芸能人(6636views)
その理由なら仕方ない? 『スゴい遅刻の言い訳』を集めてみたその理由なら仕方ない? 『スゴい遅刻の言い訳』を集めてみた(6115views)

1枚ウン億円!? どこにそんな価値があるか分からない高値の抽象絵画

好奇心をかき立てる抽象絵画

「これは一体、どのような視点から何をイメージして描かれた作品だろう?」と、見る人によって自由な解釈が楽しめるのが抽象絵画の大きな魅力。

見る人が見れば素晴らしい作品なのだろうが、理解できない人には画家の意図などチンプンカンプン、絵の価値もまったく分からないということも起こり得る。

線が一本引いてあるだけだったり、子供の落書きのようだったりと「こんなんだったら自分にも描ける」と思いたくなるような作品もあるだろう。

だけど、そのような作品に限って目の玉が飛び出るような値段がつけられていることも。

その画家だからこそその値打ちがあるのだが、「どこにそんな価値があるんだ!?」と疑問は晴れない。

そのような腰を抜かすような高値がついた抽象絵画をいくつかご紹介しよう!

(※購入当時のレートとは異なる可能性があるが、価格価値を統一するために1ドル=138円で計算)

ジョアン・ミロ作「絵画」


ジョアン・ミロの名前は学生時代の美術の時間に耳にした記憶があるだろう。

そしてこちらの作品のお値段はというと、なんと220万ドル(約3億360万円)

教科書に名前が載るような巨匠であるため、一筆書きに色をつけたような作品でもこれほどの高額になるのだ。

授業中に、ミロの作品のどこにそこまでの価値があるのか教えてもらえばよかった!

 

次のページには、抽象絵画というよりただの文字? それでも高値がついた作品が登場!

続きは次のページへ!

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

  • 2018-4-26
  • 1枚ウン億円!? どこにそんな価値があるか分からない高値の抽象絵画 はコメントを受け付けていません。

オススメ人気記事

コメントは利用できません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間
ページ上部へ戻る