只今メンテナンス中です。

便利な世の中は天才的な「ひらめき」のおかげ?

現代社会における「ひらめき」

「天才とは1%のひらめきと99%の努力」とは、アメリカの発明家、トーマス・エジソンの言葉である。

努力論や精神論に傾きがちな日本人には「ひらめき <<<<<<<<<<(中略)<<<<<<<<<< 努力」と解釈されやすいのだが、本来は「1%のひらめきがなかったら99%の努力も水の泡」という意味合いだったのだとか。

ひらめきの大切さは現代社会でも通じるところがある。

その一部をご紹介したい。

 

遠くからでも色が分かる信号機


赤・黄・緑が並んだ3灯灯器だけでなく、それを支える信号柱や腕金も光る信号機。

これなら前に並んだ大型トラックなどで3灯灯器が見えなくても、どこか一部が目に入る可能性が高くなる。

特に夕暮れ以降は、ご覧のように光の反射や暗闇がぼんやりとその色で染まったりとなんとなく様子が分かるのだ。

これによって状況がつかみやすくなれば発車準備がスムーズになり、信号待ち渋滞でのストレスも軽減されるのではないだろうか?

 

次のページには、ちょっとした気づきを得たことでエレベーターや駐車がスムーズに!

続きは次のページへ!

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

  • 2018-4-16
  • 便利な世の中は天才的な「ひらめき」のおかげ? はコメントを受け付けていません。

オススメ人気記事

コメントは利用できません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

ページ上部へ戻る