只今メンテナンス中です。

芸能人でも容赦なし! ファン以外には理解不能なジャニーズファンの「掟」とは?

コアなファンが自発的に決めたルール

現在の芸能界での一大勢力であるジャニーズ事務所所属のタレントやアイドルたち。

バラエティー番組のゲストやMC、報道番組のキャスターなどにも多くの所属タレントが出演するようになり、テレビをつければ日常的に目にするようになった。

彼らの中にはいまや「国民的アイドル」「国民的グループ」と称され、老若男女問わず愛されているグループもあるようだ。

タレントたちを応援するファンのほとんどは女性で、中には一人の男性として好きになることも。

そのような熱狂的ファンの間に、独自の「掟」なるものが存在するのをご存知だろうか?

この「掟」はファンが自発的に決めて守っているもので、ジャニーズ事務所が「これを守らぬ者はファンを名乗るな」と言っているわけではない。

ファン以外の人間にとっては、タレントを応援するのに「掟」を設定すること自体が理解できないが、その内容もなかなかヘビーである。

そんなジャニーズファンの「鉄の掟」をご紹介しよう!

※筆者は、近藤真彦さん以降のジャニーズタレントの見分けもつかないイッピ(ジャニーズファン用語で「一般ピープル」、つまりファンではないという意味)なので、以降の文章中には悪意はないものの不適切な表現や無知も点在するかと思う。と言うわけで、はじめに謝っておきます。ごめんなさい。

さて、それでは最初の「掟」は緩めのものから!

ジャニコンでのお作法① うちわの使用方法


ジャニーズタレントならば、原点となるのは「ジャニコン」ことコンサートではないだろうか。

そしてジャニコンと言えば必需品となっているのがうちわである。

それぞれ自分が応援するタレント、つまり「自担」の名前やメッセージなどを書いて会場に持って行く。


だが胸より高い位置に上げてはいけない、余計な飾りをつけてはいけない、公式のサイズ(縦28.5×横29.5センチ)より小さくするなど、うちわ一つにも厳しい「掟」が潜んでいる。

うちわを高い位置で振り回しては周囲の人に迷惑がかかるためだが、これらは一般社会では「マナー」と言う。

それをあえて「掟」にするあたり、要は一人だけ目立つな、ということなのだろうか。

 

コンサート中の演出でファンがステージに上がることがある。

いやがおうにも目立ってしまうが、その時に絶対に犯してはいけない「掟」があるという。

 

次のページには、ステージに上がったファンが絶対にしてはいけない「掟」とは?

続きは次のページへ!

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

  • 2018-2-19
  • 芸能人でも容赦なし! ファン以外には理解不能なジャニーズファンの「掟」とは? はコメントを受け付けていません。

オススメ人気記事

コメントは利用できません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

ページ上部へ戻る