只今メンテナンス中です。

子供が親の犠牲に? 難読キラキラネームを持つ芸能人の子供たち

芸能人が子供につけたキラキラネーム

最近の子供に多く見られるキラキラネーム。

芸能界にも、子供にキラキラネームを命名して話題になっている人が大勢いる。

そこで今回は、芸能人の子供の一風変わった名前をご紹介しよう。

 

明石家さんま(お笑い芸人)


 

キラキラネームといえば最近の流行だと思いがちだが、実は先駆者はこの方!

娘が誕生した時の、いつにも増して浮かれた調子のさんま氏が記者会見で発表したご息女の名前が「いまる」。

そう、タレントの「IMALU」さんのことである。

その会見では「学校に行くようになったら、友達から『おまる』とからかわれへんやろか?」などと自分でツッコミを入れていた通り、当時は(今でも?)「いまる」という名前だけでなく一般的でない名前自体が珍しい時代だったのだ。

ちなみに命名の由来は、さんま氏が座右の名としている「生きているだけで丸儲け」から文字を取ったものだとされている。

 

辻 希美(タレント、元「モーニング娘。」)


 

子供のキラキラネームといえば、この人抜きには語れないだろう!

最近ではブロガーとしても活躍中の辻希美さんは、3人のお子さんたちの母親である。

1人目の名前に驚愕したネット読者やメディアは、その後の出産のたびにキラキラネームを期待していた。

 

ママタレブロガー・辻希美さんが3人の子供たちにつけたキラキラネームとは?

続きは次のページへ!

 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

  • 2018-1-30
  • 子供が親の犠牲に? 難読キラキラネームを持つ芸能人の子供たち はコメントを受け付けていません。

オススメ人気記事

コメントは利用できません。

人気記事ランキング

  1. 今日
  2. 今週
  3. 今月
  4. 全期間

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

    只今メンテナンス中です。

ページ上部へ戻る